ですから法的な支払義務とは無関係であるにも拘らず借金

破産の申告をしたとしても公的機関などから家族や親族に直接事実関係の報告などがなされることはありません。布団クリーニング

したがって家族には事実が知れ渡らないように自己破産の申立てが不可能とは申しません。

ただし実際には、自己破産というものを行う時点で公的な機関などから同居している親族の月給を証する書面や銀行の預金通帳の複写物等の証明書類の提供を要求されるようなこともありますし、貸し手から家族へ電話がかかるような場合もままありますから、家族や親類に内緒で自己破産申請が行うことが可能だという100%の保証はまずないといえます。

確信犯的に隠匿して後になって秘密がばれてしまうよりかは、本当のことを嘘偽り無しに話をして家庭の方々全員で自己破産手続きをしていく方が安全でしょう。

一方、住む場所の異なる近親者ならば自己破産を行ったのがばれてしまうようなことはまずないと理解して間違いありません。

夫または妻の支払い義務を失くすことを目的として別れることを計画する夫婦もいらっしゃるとのことですが実は夫婦同士である場合でもまず当人が書類上の連帯保証の名義人でないならば民法において支払義務はないと言えます。

ですが、書類上の連帯保証人という身分になっている場合ならば仮に離婚を実行しても法律上の義務は残存しているとみなされるため支払義務があると思われます。

ゆえに、離婚を実行することさえすれば返済義務の法的な支払義務が斟酌されるということはないのです。

さらには、しばしば債権保持者が債務を負った人の家族に督促を行う場合もありますが保証人ないしは連帯保証人を請け負っていないケースであれば親子間ないしは姉と妹といった近親者間の債務について借りた人以外の家族や親族に法的な支払義務はないのです。

そもそも、借りたところが法的な支払い義務背負っていない家族や親類に対して支払いの催促を行うことは貸金業関係の法律を実施する上での行政府の業務規則の中で制限されており取立ての方法によっては貸金業を規制する法律の支払いにおける催促のガイドラインにそむくこともあります。

ですから法的な支払義務とは無関係であるにも拘らず借金を持つ人の親族が督促を不当に受けてしまったようならば貸し手に対して請求を直ちに停止するよう警告を発する内容証明の書類を出すべきでしょう。

しばしば、債務をもつ人がとても不憫だからと考えてしまったために借り主以外の近親者が代わりに返済してしまうような話も聞きますが、借り手本人が幸運に自立心を無くして借金のトラブルを繰り返してしまうことがないとは言えません。

したがって借りた本人立場において思いやれば債務をもつ本人手で負債を返済させるかそれが無理であれば破産申込をやらせた方が借入者本人の人生には良いと言えるでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tryancle.com All Rights Reserved.