赤字はなるべく早く取り戻したい願います

ありふれた初心者向けの外為の本では「損失が生じた時にはナンピン買いをして、ポジションの平均を価格をコントロールする事が出来る」等と述べられていたりしますが正直に言うとこれには罠が隠れています。国産ベッドの特集ページを公開しました!

はじめに、ナンピンの方法に関してとても簡単に説明しておきます。ギャル姉社長とハーレムオフィス第4話

たとえば、100円で1ドルを買ったとします。lsems.info

$買いですのでドル高に推移するほど黒字が出ますが、思っていたのとは逆に1ドル95円まで円高方向に向ったとします。車買取 松本

その場面でポジションを維持し続けたら利益がでるためにはマイナス分円安ドル高に進む必要があります。ペニス増大サプリ

みんな、赤字はなるべく早く取り戻したい願います。人気無料アダルトコミックランキング

それを解決するため最初に売買したのと同じ分の$(ドル)を、1ドルを95円で買い増しする。市販の白髪染めランキング

そうすると、ポジション全体の平均の価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。不倫慰謝料請求の時効

言い換えると、2.50円の幅で円安ドル高が進むと、損失を取り戻す事が出来ます。

これが、ナンピンの原理です。

このような、ナンピンの手法を目にすると、「なるほど」という気分になるがマーケットはそう容易には思い通りにはいきません。

そもそも、95円が底だということなど、想像できません。

もしも、相場がかなりの円高動向であるならば1ドル95円ではとまらず、円高になるリスクがあります。

仮に、1ドル97.50円でナンピンをして、95円までドル安が進んだらナンピン買いを入れたポジションもマイナスが生じます。

その状況では、最初に買ったドルと全部で損が生じます。

この通り、ナンピンは難解です。

であるなら、相場が己の物語とは別の方向にみるみる向ってしまった場合、いかなる対策で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

この場合選択する対策は2つあります。

まずはじめは潔く損を確定する事です。

別の方法としては現在、自分か所有している買いポジションを小さくする事によって外国為替市場がリカバリするのを黙って待つ事です。

少し控えめな手法だと考える投資家もいるkもしれません。

しかし、持っているポジションにマイナスが出た時、一番有効な方法はこれよりいいものは考えられません。

理論としては、ナンピン買いをしてみる手段もありえます。

けれどもナンピンはあなた自身が損失を出しているにもかかわらずポジションを整理するどころか、それとは逆にポジションを積み増していく方法である。

この手法では、危険を制御することなど、無謀だ察するべきです。

ナンピン買いをし続ければいずれは損失が回復するかもしれません。

だが、そうなる前に資金が足りなくなってしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tryancle.com All Rights Reserved.