www.tryancle.com

渡されたレシートの保有義務はある。結論をまずお伝えすると所持する必要は特にあるわけではありません。人によっては保存することによって個々人が利用した履歴を残したいと考える場合であれば保管すればよいだし、逆に言うとそんな証拠は無くても問題ないというのであればとっておく理由はないのです。但し毎月郵送されてくる明細書との照らし合わせ作業の際には絶対レシートは不可欠。明細をそれまで最低限所持していなければ、どこのショップでどのくらいの金額を決済したのか?について明確でなくなることだけでなく、誤請求・二重請求等の照らし合わせが不可能になるため気をつけなければなりません。おそらくクレジットカードを使用した額は明細レシートを保管していない限りは覚えていないはずです。理想的には明細書類が送付されてくる1ヶ月もしくは2ヶ月くらいは、保存するようにしたい。クレジットの利用レシート破棄の手段→クレジットの明細レシート廃棄のやり方はすごく単純なのです。人に不正使用されないようバラバラにちぎって破棄するだけで良いのである。簡単なシュレッダーなどが自宅にある際には念には念を入れて利用するのが良いでしょう。なにせクレカの利用内容を記載するレシートのため、カード番号等、機密情報を特定される情報がとても多く書いてあるのです。ただの利用レシートと思わず、廃棄は慎重に行なったほうがよいでしょう。今は悪用防止のため利用レシートにナンバーといった機密情報が記載されていないことも出始めているが安全と思い込むことは禁物と思われます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tryancle.com All Rights Reserved.